カテゴリ

ほしい物

最新コメント

プロフィール

めぐめぐ♂

Author:めぐめぐ♂
最近はガールフレンド(仮)のステマをしています。
笹原@戸松が常にSRで辛い

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
396位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
35位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトルが結構楽しい声優推しソーシャルゲー「ガールフレンド(仮)」のバトルシステムとその対応方法的なお話

2012.11.15 21:18|ガールフレンド(仮) このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012111302.jpg

最近本格的にハマってきたガールフレンド(仮)です。
そろそろ廃課金が増えてきたので変に高レベルのクラス分けに入らないように気を使いながら戦わないとダメかなぁと思いつつ。モゲマスにくれべて若干戦略性がある部分は良いかなと思っています。
今回は主戦場になっているクラスバトルの説明を兼ねながらガールフレンド(仮)のバトルシステムとその対抗手段?についてダラっと説明したいと思います。






2012111303.jpgGFでは1週間毎にプレイヤー15人を1クラスとしたクラス替えがあります。この15人を「クラスメイト」と呼称し1週間かけての順位争いを行います。
順位基準は一週間で獲得したメンズptになります。メンズptは登校中やバトルによって獲得出来るポイントになります。
順位によってクラスランクのアップ/ステイ/ダウンが決定されます。クラスアップするとクラスランクに応じて報酬が貰え、またクラスアップ上位3位までは成績優秀者として別途報酬が貰えます。特に1位取得者は現在HRのカードが付いてくるのでかなりお得です。
現在は他にイベントらしいイベントもなくかつ上記のような理由からGFに於いての主戦場はクラス内の順位争いになっています。
モゲマスが全プレイヤーが対象に行われているのに対してGFは同クラスプレイヤーによる小規模な獲得戦になるのでプレイ時間に左右されずにレアアイテム等がゲットできるチャンスがあると言えます。
ちなみにクラスメイトとのバトルだと勝利時に貰えるメンズptが倍になるので相性が良ければガッポガッポと稼げるかも。


センバツ設定
2012111304.jpg左の画面は「センバツ」と呼ばれるデッキエディット画面。
攻援センバツと守援センバツの攻防2つの設定で1セットになります。
センバツは主センバツと副センバツに分かれており主センバツ5人は初期から副センバツはレベルによって設定できる人数が増えていきます。プレイした感じではLV20から+LV5の都度一人副センバツが増えていくようです。
モゲマスのようにポイントがあれば無尽蔵にキャラを参加させられるわけでもなくかと言ってバハムートのように固定数のみでもないので序盤から戦略を求められる部分です。
特にGFではキャラ育成に必要なガルが常に足りない傾向にあります。キャラのレベルが高くなるにつれ投資コストが極端に高騰するGFでは1キャラに育成を絞ると直ぐに破綻します。
一度に最大レベルまで上げるのではなく登録可能なセンバツ数に併せてコストパフォーマンを考える必要性が出てきます。
感覚的な所ですがおおよそLV25~30付近で一度止めるとコストパフォーマンスは良いと思えます。
と言ってもこれはNキャラを糧にした時の話で高レアキャラを育成の糧に投入できる人はあまり関係ない話ではありますが。このあたりが課金ゲーのバランスの妙と言ったところなんでしょうね

バトル画面
2012111305.jpg左がバトル画面。主センバツのみ画面に出てきますが副センバツも参加しています。
副センバツの発揮ステータスは最終数値を見る限りは7割ぐらいな感じがしますが実際のところは判りません。
主センバツに設定していると各キャラが持っている声援(アビリティ)がランダムで発揮されます。センバツリーダーに置くと必ず発揮されるので声援が強力なキャラをリーダーに置くと有利になります。
声援の他にもセンバツボーナスと呼ばれるセンバツに設定されているキャラの組み合わせによって発生するボーナスがあります。何をどう組み合わせれば何が発揮するのかは今後の確認項目ではありますが、キャラ単発の攻援ステータスが高ければ良いという訳ではないのがGFのめんどくさくも面白い要素の一つです。

デート
2012111306.jpgデートチケットと言うアイテムを所有していると1日1キャラ限定でデートに誘うことが出来ます。
デートが成立するとその日1日デートしたキャラの攻守力が50%アップするボーナスが入ります。
強力なキャラとデートをするとバトルがかなり有力に働きますがデートした人数によって強力なHRキャラが貰えるイベントもあるため特定のキャラだけに注力すると結果的に損する事になるので注意が必要です。
また、デートチケットは購入できないため貴重なアイテムでもあります。



タッチボーナス
2012111307.jpg登校中に発生するイベントにタッチボーナスと呼ばれるものがあります。
これが発生すると出てきたキャラにタッチして成功する(必ず成功するのでタッチする意味がわからないのだが)と5分間攻守が20%アップするボーナスが得られます。
バトルに入る時に体力に余裕がある場合はタッチボーナスを出してからバトルに向かうのは常套手段になります。


進展
2012111308.jpgGFは同キャラ同士の掛け合わせの育成(GFでは進展)は2段階(3枚掛けあわせ)あり進展が最終段階まで行くと上のレア(RならHR、HRならSR)にアップする仕組みになっています。
進展を行う時に攻守力は5%引き継ぎされる仕組みになっています。
最終段階のステータスを最大値にしたい場合はその都度レベルをMAXに必要がありますが1段階目の引継ぎは2段階目では(0.05+0.05)*0.05=0.005の引継ぎになるので例えば初期値1760、最大値5940の優木苗の場合
初期値の場合:88
最大値の場合:297
となり投資する労力に対して実りはかなり小さいと思われます。ただし引継ぎ数値が最大値にも影響する場合その限りではないのであくまでも予測です。


と簡単にGFのバトル内容を説明したところで現在行なっている方針
・ポイント配分は体力と攻援力に全振り。攻援力はシステム上ただ上げても無駄なのでレベル併せてバランス良く配置。現状では+LV5の度に10~13pt振ればOKだと思っています。なので残りは全て体力で。防御のことは考えない。
・対戦相手は自分のレベル以下で相手の守援力が自分の攻援力付近、出来るだけ貰えるptが高い相手を最優先。上のレベルであっても5の倍数を超えている相手は無視しています。理由は副センバツの人数関係。一人増えればそれだけで3000~5000の攻撃力さが出る可能性がある為。ただしレベルが高くても守援力が低い場合は最大センバツメンバー数に達していない、達していても守援力が低いと判断できるので無視します。自分側の1キャラあたりの攻コストがどのくらい消費しているかも判断材料。私だと1キャラ辺り10コスト平均なので相手も10コストと想定して組み立てます。つまり、自分のレベルが46だとすると選抜メンバーは12人。1バトル辺り119コストを消費している場合、バトル相手がLV51だとしても守援力が115ならば本来参戦できるメンバー数13ではなく12以下、もしくは13いても総守援力は低いと判断出来るということです。
・応援(レベル上げ)は最終段階から行なっています。金銭的な部分と投入するキャラの確保が難しいのが最大の原因。現状ではデートやタッチボーナスでの上乗せを行ったほうがパフォーマンスが高いと判断します。ただしベースがHR以上の場合は2段階目はMAX状態での掛け合わせで。レア度が違うので未来の投資。
取り敢えずこんなところでほぼ勝率は100%です。ただし防御が紙以下なので総合では50%を切りますが(カモなので攻撃されやすい)。


では良いGFライフを。

関連記事

コメント

非公開コメント

FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。